123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-01-18 (Sat)
今年の個人的な目標はダイエットです!

昨年の夏前に、ヤバイほど太りすぎてしまったのでダイエットを始め、

★体重を毎朝測る
★ジュースは飲まない
★間食をしない
★三食はほぼ普通にとる
★区役所や商店街等、出かける時はなるべく歩く

という方法で2ヶ月で5キロぐらい痩せたのですが、停滞期に入ってしまったことに嫌気がさして、それ以降欲望のおもむくままに生活をしてきました…。

しか~し!

今年こそ、生まれ変わろうと思います。政治家として、自己管理は基本中の基本ですからね!

いろいろ調べた結果、「楽して痩せる方法はない」という当たり前の結論に達してしまったので…

前回ダイエット時の方針に加えて、新たに、

★筋肉をつけて基礎代謝を上げ、効率よくエネルギー消費できる身体にする
★ジョギングや水泳等の有酸素運動等で脂肪を燃やす
★食事制限はしたくないので、モヤシとかの野菜を大量に食べて満腹感を得る。加工食品や炭水化物は少なめに。

という方法でダイエットすることにしました。

年末年始を挟んでこの半月ぐらい上記の生活を続け、体重は3キロぐらい減ってきました。

体調も明らかに変わってきたし、ぜい肉の下に筋肉がついてきたのも何となくわかってきました。
当初は少し動くと滝のように汗が出てきたのですが、最近は少し動いたぐらいではそんなに発汗しなくなってきました。

最近?の理論では、筋肉の「超回復」ということが言われているそうです。こんな僕でも15年ぐらい前にターザンを読んでいた時期があるのですが、その頃にはあまり言われていなかった理論です。

筋肉を増加させるには、筋肉の破壊と修復を繰り返さなければなりません。筋力トレーニングを行うことによって筋肉は破壊され、それから「24~48時間」かけて徐々に修復されます。トレーニング後は筋肉が破壊されてしまうので、トレーニング前よりも筋肉の総量 は減少しますが、適切な時間休息を与えることで修復され、さらには超回復が起きて、一度減少してしまったはずの筋肉がトレーニング前よりも大きな筋肉になるのです。つまり、超回復が起こるのを待ってから次のトレーニングを行う方法が、筋肉を増加させるには理想的といえます。
http://www.cramer.co.jp/training/rest_3.html

ある程度運動をする人にとっては当たり前の理論なのでしょうが、僕は今までこの理論を知りませんでした。
この理論を知っていると、筋肉痛も快感になります(笑)

これまで、自宅で、ダンベルや自重を使ってできる範囲の筋トレをしていたのですが、

東京都内の1回400円以下の体育館(トレーニングジム完備)まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133454478469509201

これを見てみると、中野区役所の裏手にある中野体育館に、1回230円で使えるトレーニングジムがあるそうです。
(以前のブログに書きましたが、中部すこやか福祉センターにも、2月中にトレーニングジム機器が導入予定です)

そんな施設があったとは、恥ずかしながら知りませんでした。

これは、区議会議員として、区民の税金が有効に使われているかどうか、視察に行かなければなりません!これも仕事のうちです。身体をはって覆面調査です。これも仕事ですから仕方ありません(笑)

どうせ今の時期はお店をやっていても売れない時期だからとかそういうことは関係ありませんよ(笑)

高校生以上が利用可能で、顔写真を持参しての会員登録は必要ですが、特別な入会金とかはなく、1回230円で何時間でも利用可能です。室内用運動靴は持参しなければなりませんが、200円でレンタルも可能です。

施設はこんな感じでした。(中野体育館HPより)

train-1.jpg
train-2.jpg

中央のブルーのエリアにある機器をひと通りこなせば、ひと通りの主要な筋肉は鍛えられそうな感じです。

定員は25人と決まっていて、夜の7時~9時頃までは仕事帰りの人たちで混雑することも多く、入場制限がかかることもときどきあるそうです。

僕が行った日は、平日の午後だというのに、10人前後の20~30台の若者がモクモクとトレーニングをしていました。女性はおばちゃんが一人だけでした。

百キロ以上あるんじゃなかろうかというような大きなバーベルを上げている超ムキムキの人がいたり、その他の人も皆ムキムキだったりして、ほとんどの人が無言でモクモクとトレーニングをしています。

ムキムキじゃない僕は明らかに浮いている感じで、機器の使い方や施設の使い方もよくわからず見よう見まねだったりして、正直居心地はあんまり良くありませんでした…。

とはいえ、機器によって、どこの筋肉を鍛えるかという目的が明確にされており、自宅でやみくもにトレーニングするよりは効率的に、まんべんなく筋トレをすることができました。

「もうダメ」というまでトレーニングをして、筋肉を破壊するのが筋トレの目的ですが、1時間もたたないうちにアチコチ限界が来てしまったので、早々に引き上げることにしました。

居心地はよくなかったし、使いたい時に使いたい機器が使えないこともありましたが、1回230円で時間制限無しということを考えると、費用対効果はバツグンです。

新中野(本町)にある我が家からは少し距離もありますが、スロージョギングで往復すれば、それはそれでいい運動です。

ジムに行った翌日に餅つきをしたりして、まだ筋肉痛が残っているのですが、また筋肉痛が落ち着いてきたら、時間を見つけて、継続的に通いたいと思います。
スポンサーサイト
| ダイエット | COM(0) | TB(0) |