123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |

2020-06-01 (Mon)
中野区の子ども子育てイベント情報を、仲間のママさんたちと共に、日々発信しています!現在のいいね数は1100!

区内最大の子育て世代ネットワークとなっています。


中野ママフォメ 〜子連れで中野を楽しもう〜
https://www.facebook.com/mamaformation

みなさんの( ・∀・) イイネ!をお願いします!!!
h234.jpg


_恐竜~1

思い出写真館撮影料金
(2013年1月からこっそり値上げしました!)

店内仮設スタジオ撮影
8000円(時間無制限)

出張撮影(当店から半径5キロ圏内)
1時間10000円

土日祝加算
3000円

10月から年内いっぱいはハイシーズン加算
3000円

リピーター割引 マイナス2000円


*土日は中野区在住の方が優先となります
*CD-R1枚(100-150カット)データを後日郵送
*ブログ掲載OKの方はCD-Rデータ量無制限
(過去最多でCD7枚分。収容量の多いDVDディスクを使用することもあります。掲載許可をいただいても、ブログ更新タイミング等によって必ず掲載するとは限りません)
*二親等までの親族(祖父母・兄弟姉妹)は何人増えても無料
*マタニティ・子供・パスポート・オーディション・動物等何を撮っても同一料金
(選挙用写真は除く)
*ヘアメイクオプションあり 約8000円程度
*キャンセル料金は当日2時間前まで無料
*雨天等、カメラが濡れるような状況での撮影は、こちらからお断りさせていただく場合がございます
*半径5キロ圏外への撮影は3万円~応談
*納品は2週間以内を目安にしていますが、遅れることも多々あります。
(お気軽に催促してください)

_MG_3609.jpg







スポンサーサイト
| 未分類 | COM(5) | TB(0) |
2018-03-14 (Wed)
1,中部エリア
2,第1子、0歳、秋生まれ
3,共働き(フルタイム)、転勤あり  世帯年収 1300~1500万
4,中野区の認証保育園に決定
5,保育園選び
・東京23区での保活の大変さは妊娠前から聞いていた。妊娠がわかった後すぐに職場の女性職
員から保活について質問し、あらためて保活の大変さを知った。最初から認可保育園に内定した
人はいなかった(時期は3~7年前で場所は板橋区、文京区)。彼女たちのようにまずは認可外
(認証)保育園への入園をめざすことにした。
・子供の首がすわる初夏までは育児休暇を取りたいため、認可保育園の4月入園の申し込みはし
ていない。
・妊娠がわかって1ヶ月後の5月中旬から保活開始。東京都のHPから中野区の認証保育園、通勤
に使う地下鉄東西線沿線の駅近隣の認証保育園(新宿区、文京区、千代田区)をリストアップし
た。また、夫の転勤の可能性があったため、足立区や荒川区の認証保育園もリストアップした。
・5月下旬から電話で見学の申し込みを入れまくった。秋生まれなので夏までが勝負だと思い、
6月~9月中旬まで集中して見学、(可能であれば)申し込みをした。
結果
・中野区の認証保育園8園に申し込み、4園から内定をいただいた。コネもなく、兄弟もないのに、
激戦区でこれだけ多くの園から内定をいただけたことが不思議だった。
・他自治体の保育園が他自治体の住民を受け入れてくれるかどうかは園次第なので、質問しておく
のがよい。他自治体(新宿区以外)では年明けに1園、認可発表後2園から内定をいただいた。
(新宿区の園のほとんどは認可発表後に選考をするとのことで、選考時の2月中旬に辞退の連絡
を入れたため、どの園から内定をいただけたかは不明である。)
感想
・保活するには条件(兄弟無し、秋生まれ)が良くないので、初動と情報集めとフットワークだ
けは他人より劣らないようにしました。妊娠がわかったら、すぐに保育園の情報を集め、片っ端
から連絡をしました。保育園に初めて連絡する時は、見学は可能か、申し込み時期はいつか、選
考方法は何か、聞くことがポイントです。認証保育園の選考方法は様々で、先着順、抽選、書類
を見て選考などがあります。先着順の園については努力次第で内定を勝ち取れるので、早めに特
定することが大事です。
・認証保育園に連絡すると、すでに満員とか、100人待ちとか、冷たいことを言われるかもしれ
ません。しかし、実際は認可に流れる人が多く、保険でストックしている方が多いようなので、
最後まであきらめないで見学し、待機リストに入れてもらうことが大事です。また、認可保育園の
発表後すぐに、電話やメールで連絡して入園したい意思を伝えることは効果があるかもしれませ
ん。
・反省点としては、認可保育園の入園を一切検討せず、情報集めをしなかったことです。認可保育
園には認証保育園にはないメリットが結構あります。今後、認可保育園の転園を目指します。
・保活の際は小宮山さんのブログの保活体験談が役に立ちました。いろいろな失敗を知って反面
教師にして行動したことが内定につながったと思います。
結果(3月中旬)
区   承諾をもらった園 / 申し込みをした園
中野区 4園 / 8園
新宿区 1園 / 6園(このうち、内定発表前に辞退した園は3園)
文京区 0園 / 2園
荒川区 1園 / 1園
杉並区 1園 / 1園
足立区 2園 / 2園
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-03-14 (Wed)
1.居住地 中野区北エリア 
2.1歳児クラス
3.夫:自営業、妻:会社員フルタイム
4.二次で区立認可外保育室に決定 
5.保活体験談

 認可:1次で無理なく通園できる7園記入したが全落ち。2次で、区立認可外保育室含め20園記入し、第8希望に決定
 
認証:指定された日に電話をかけたが繋がらず、申し込みにたどり着けなかった園、事前登録の資料取り寄せた園の2園 

認可外:キャンセル待ち4番目 保活の感想:第一子が6年前に問題なく認可園に入れたので、第二子の保活は心配していませんでした。それだけに、一次の結果はショックでした。保育所保留通知に、手書きで指数の記載があったのですが、40ポイントだったのでその原因を追求したところ、認識していた指数計算が、区役所窓口の指数計算と違っていたことが判明。 

今回の問題は、ポイントの換算についての認識が誤っていたことに加え、第一子が問題なく入れたので詳しく説明されなかったことだったと認識しています。そのため、第二子申請時には、念のため職員から第一子の時の理解が今と変わっていないか確認するよう依頼をしました。つまり、42ポイントなさそうな人には、早めに指数の理解を確認し、認可以外の検討を進めるということです。これから保活される人のお役に立てれば幸いです。 結果としては、緊急対策として二次申請から申し込める区立認可外保育室の中でも、便利の良い駅近な園に入れてよかったのですが、3歳保活が待っているので安心できません。 

腑に落ちないのは、個人事業主の夫は講師業をしており、実際に講義をする以外の準備やまとめの時間を、勤務状況届の裏面に毎日記載したのですが、役所では謝金の発生している時間(表面の記載)しか指数計算に入れていないという点です。夫は、子育てする時間は人生の中で限られているからと、残業や夜の勤務のない生活に変えました。しかしこのことが指数計算の裏目に出ました。これでは、多様な働き方や生き方をしている人のサポートになりません。ぜひ、指数計算の改善を願います。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-03-05 (Mon)

1、鷺ノ宮

2、 0歳児クラス(第一子8月生まれ)

3、 両親フルタイム 一千万円

4、 認可外保育園(企業主導型)に入園決定・・・A園

5、保活体験談

妊娠中に認証メインで保活を実施。

たまたま見学した認可外保育園が企業主導型保育事業で企業枠を設けている園だったため、

勤務先と保育事業者で契約してもらい0歳4月入園枠を確保することができました。

出産前に確保できたのでゆとりを持って産後を過ごす事ができて良かったです。

 

今後、当分は企業主導型の保育所が増えそうですが企業の認知度はまだ低いと思います。

自分から勤務先に働きかけることで企業枠の確保ができたのがラッキーでした。

企業にとってもメリットある仕組みですので、ダメもとでも相談する価値ありです!

 

(小宮山注*現状では、企業主導型保育園は、中野区の認証等保護者補助金の対象にはなりません。区内の企業主導型保育園の場合、6~7万円の保育料が自己負担となるケースもあるので、それを確認した上でアプローチしてください。)

 

■保活詳細

2月

中野区役所と杉並区役所へ行き保育園のリスト(認可と認証しか載っていない)を入手。

マッピングして通園可能そうな園を確認。

 

3月

通園が便利そうな認証園数件に電話して見学会等の日程を問い合わせ。

ほとんどの園が5月以降に再度問い合わせと回答。

すぐに見学できた1園だけ見学。

 

5月

2月に確認した園すべてに電話して順次見学を開始。

その場で申し込みできる園は申し込み実施。

※3月に問い合わせしなかった園で2か所先着順の園があった。

 当然すでに満席。

 問い合わせておけば4月受付開始時に申し込めたかもしれない。

 

6月

認可外の保育園等のリストを東京都が公開していることを知る。

通勤で使用している駅前に地域枠を設けている企業主導型保育所(A園)があったので見学。

小規模ながらも印象、立地ともに申し分なく地域枠に申し込み実施

企業枠の説明もさらりと受けたが関係ないかとほぼ聞き流し。

 

7月

思い出して企業主導型保育所の仕組みについてリサーチ。

A園は企業枠であれば確保できるらしいので上司に相談。(この時点で産休二日前)

すぐ企業契約を締結することになり4月0歳枠を確保。

 

11月

近所の認可園1園のみ記入して認可園申し込み。

 

2月

認可落選したのでA園に連絡して入園決定。

 

ーーーーーー

A園へ7月にアプローチして枠を確保できたけれど

12月に話を聞いた時には企業枠も抽選になっていたようです。

「無事に生まれるかも分からないのに何故こんなに必死に保活を・・・」と思いながらでしたが

結果的には早めの保活が良い結果に繋がったと思います。

 

以上です。

参考になれば幸いです。

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-03-05 (Mon)

南中野在住。

夫婦共に会社員。

娘は1歳児クラスに申込。

娘と少しでも一緒にいたかったので、0歳時点では認可も認証も申込みませんでした。 保活は4月から開始し、南中野の認可保育園(区立→私立→小規模→保育ママ)を見学しました。 この段階では、きっと来年4月には区立の認可保育園に入れるだろうと楽観視していました。


そのまま少しずつ見学をして、たまたま8月に渋谷区の認証での子育てひろばに参加したところ、そこは5月で来年度の入園を締め切ったの事。親切な施設長さんがまず自分の点数を確認するのと、見学を沢山した方がいいとアドバイスしてくださいました。


やっとこの時期にきて、認可どころか認証も入れないのではと焦りはじめました。 そこで、勤務地を考慮し、渋谷区、杉並区、勤務地周辺の認証の見学をはじめました。 認可外や無認可は、場所と金銭的な理由から除外しました。(小宮山注*条件にもよりますが、最高6万2千円までは中野区の「認証保育所などの保護者補助金」対象となるので、認可外でも大きな経済的負担にはならないはずです)

そして、申込みできる所を手当たり次第申込みました。(私は正直に併願と記入しました) しかしながら、申込み結果は2月にならないと分からないので、どこにも入れる確証がないまま焦るばかりでした。


しかも、入れるなら復職時期を早めようと申し込んだ11月に出来た新園の認可にも入れずでした。 ところが児童館や子育てひろばで出会ったママ友が保活情報を沢山持っていて、その理由を聞くと、小宮山さんが情報を流してくださると知り、保活セミナーに参加したのが11月でした。 そこで、保育ママの事を知り、すぐに変更届で保育ママを加えました。


結果は、第一希望の私立の認可保育園に入る事が出来ました。認証では、中野区内の1施設から入園可能と連絡がきました。 保活の体験では、早めの行動と情報が全てだと改めて実感しました。


小宮山さんをはじめ、子育てを通じて出会った方から様々な情報を得られたのが良かったと思います。 改めて小宮山さんに感謝いたします。 引き続きよろしくお願いします。

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-03-05 (Mon)
1.居住地 中野
2.1歳児クラス 兄弟なし
3.夫:自営業、妻:会社員
4.第一志望の認証園に決定
5.保活体験談
保活開始時期:7月(小宮山様の保活セミナー参加)

◾️認可:
1次で10園希望記載するも、全落ち。

◾️認証:
認可が落ちた日に、申込済みの2園に電話連絡。恐らくこの電話が早かったのか、2月13日に1園から、20日にもう1園から入園可能との連絡あり。
元々、7月から計4回参加した育児講座で園長先生、保育士さん、園の雰囲気などが良く第1希望だった方に入園決定

◾️認可外:
中野区で10月時点で1園抑えており、別の1園で待機待ち、新宿区で1園待機待ち。中野区の待機待ちの方には認可落ちた日にTel。順番は4番目とのこと。

◾️保活の感想:
結果的に入園できた認証園は、7月から第1希望で変わりませんでしたが、入れる確証は最後までありませんでしたので、認可外1園と認証園1園を抑えて計4万円の入園金を支払い、結果的にはムダになりましたが、認可全落ちした際には、抑えがある事でかなり安心度が違いました。

認証園、認可外は、見学会など積極的に参加して、園の方に覚えて貰ったり、認可落ちた際に何度も順位確認の電話をするなどした方が入園児決定に向けて園も動きやすいのではないかと思いました。我が家は、第1希望の認証園には、子供を行かせたい想いを見学会や面接の時に熱くお伝えしました。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-20 (Tue)
1、 居住地
東中野
2、 子どもの状況(年月齢や希望クラスや兄弟加点の有無など)
2016年11月生まれの第一子、1歳クラス
3、 親の状況と世帯年収
正社員で共働き、1000万円(育休前)
4、 結果 (第〇志望の認可園(認証園)に入園決定)
第20志望の認可園江古田ここわ保育園の内定を辞退し、自宅近くの認証保育所に入園決定

5、保活体験談(ご自由にどうぞ)

<2017年4月>
そろそろ保活を始めなければと思い、自宅・勤務先(中野駅)から通いやすそうな認証保育所に見学希望の電話をし、5月に予約を入れた
ある園は5月以降に電話をくれということだった
認可園は入れる可能性が薄いため、見学には行こうと思わなかった

<2017年5月>
認証保育所の見学

- A園
お昼寝のタイミングでもあったが、狭くて明るい感じがしなかった
申し込みはしなかった

- B園
見学に対応してくれた先生の印象がとてもよかった
園内はとても広いわけではないが、天井も低いわけでなく、良い印象
2017年度途中入園の待機申し込みをした

この2つの見学のあと、保活は延期
もともと電話が苦手なのと、保活がつらい就活を思い出される感じが嫌で、割り切って育児を楽しむことにした

<2017年10月>
2018年4月入園の申し込み開始が11月に迫り、保育園申し込みの内容を改めて確認し始めた
小宮山さんにFBのメッセンジャーで相談
自転車で通えそうな認可園をリストアップし、自宅から園・園から勤務先のルートと時間を確認、リスト化した

<2017年11月>
小宮山さんの保活相談会に初めて出席
まずは何処かしらに入園できるように電動自転車で頑張れる少し遠い園や、小規模、保育ママも選択肢に入れた方が良いと認識することができた

5月に小宮山さんの保活相談会に申し込んでいたが、自分の体調を崩し、キャンセルしてしまった
行けていたら、もっと早い段階ですっきりと保活ができていたかもしれない

また、B園の、2018年4月入園の申し込みをした

<2017年12月>
ほかの認証園も申し込みをしなければと思い調べたが、なかなか進まず、結局申し込みをしなかった

<2018年2月>
1番最後の20番目に書いた江古田ここわ保育園の承諾通知が届く
駅からは遠く、微妙な立地なので、もしかしたら、と思っていたが、まさかの認可園内定
住所を頼りに自転車で現地まで行ってみたがなかなか遠かった

2月中旬
B園から電話をいただく
1日考えて、入園の意思連絡
入園決定の理由としては、3・4・5歳を増やしている最中とのことで、途中で転園しなければいけないということはない、と確認できたのと、自宅と駅から近いのが何よりも大きかった

認可園を辞退

A=ピノキオ幼児舎
B=ベビーサロン東中野
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-09 (Fri)

1、東中野エリア
2、第2子、0歳児クラス
(第1子が認可園。兄弟加点2点あり)
3、両親フルタイム、世帯年収1千万円台後半
4、第1志望の認可園に入園決定
5、保活体験談

【保活記録】※第1子から記載します
▽第1子(2015年4月、0歳児クラス)
・前提として、片道約1時間の職場近くに会社が提携する事業所内保育所あり。居住地で保育園が確保できなかった場合、見つかるまで利用可能。産休前に見学。乳児ならば保育の質、設備は文句なし。ただし通勤は満員電車。

・8月、保活開始。まず区役所窓口に行き、42点で加点なしのため世帯年収から見て認可は絶望的と認識。

・自転車、バスで通園可能と思われる認証・認可外に片っ端から電話。計9園に申し込みしたが、入園確約得られず。唯一、N園(認可外)のみ空きありとのことだったが、見学時に聞こえた保育師さんの子どもに対する言葉遣いがひどく(「マジかよ~さっすが医者の息子!」等)、設備にも不安あり。かなり悩んだが「これなら子連れ通勤してでも事業所内保育所のほうがいい」と考え見送る。
・新宿区・高田馬場エリアの認証2園にも当たったが「新宿区民優先」とのことでこの時点では断られる。
・認可8園申し込み。

・認証・認可外確保できないまま、認可発表後の勝負と腹をくくる。すべてだめだったら1年間事業所内保育所に通い、2点加点で1歳児クラス4月の入園を目指すことにする。

・2月、認可結果送付。信じられないことに第1志望の認可園に決定。同級生は3分の2がきょうだい児。認証・認可外に辞退の電話。第1子保活終了。

▽第2子(2018年4月、0歳児クラス)
・第1子が通う認可園のきょうだい加点があるため、保活はほとんどせず。小宮山さんにアドバイス頂き、同級生になりそうなきょうだい児が何人いるか登降園時に数えてみたが0歳児クラス定員の3分の1程度。
・駅直結で第1子の時印象の良かったE園(認証)のみ見学、申し込み。
・認可は第1子と同じ園のみ申し込み

・2月、第1子と同じ認可園に決定。認証に辞退の電話。第2子保活終了。

 

【感想】
・事業所内保育所という「最後の砦」があることで精神的にかなり助かりました。年度途中の転勤が多い会社なので必要不可欠なのですが。
・第1子は入園してみると3分の2がきょうだい児で、42点枠は数人。世帯年収高い方だと思っていたので、入れたのがいまだに不思議でなりません。当時先天性疾患の治療中で、認可申し込み後に保健師さんの個別面談あり、特別な支援なく保育可能との判定だっでしたが、それが考慮された可能性はあるのでしょうか?(小宮山注*それは無いはずです。集団生活が可能かどうかの判定は必要ですが。)
・今考えると、約10キロの子を連れて満員電車で毎日通うのは相当大変だし、認可1歳児クラスに44点で入れる保証もないし、第1子のときは無謀というか楽観的だったなと。本当にラッキーだったとしか。
・会社の先輩の子供が通う認証園を紹介してもらい、秋ごろには決まっている同僚が。「なるほど、認証園はコネが効くのだな」と思いました。コネないけど。(小宮山注*園にもよりますが、園長の裁量が大きいので、コネが効く場合もあるでしょうね。)

E=エデュケアセンター

N=njks

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-08 (Thu)
1、 南中野エリア
2、 0歳 
兄弟加点なし
3、 夫婦フルタイム 年収1000万以上
4、 第一希望の認可園に入園決定

5、 会社の同僚から保活に苦しんだ話を聞いていたため、妊娠中から保活をスタートしました。
うちは兄弟加点もなく、世帯年収も低くないので、42点では希望する認可園に入れないと考え、0歳から預けられる無認可園と認証園を探すことにしました。

認証園はいくつか妊娠中に見学しましたが、見学している人も多くて、入れたらラッキーくらいだなと感じました。

中野区は厳しいので、可能なら思い切って区外に引っ越すのもありかもしれません。
私は色々な事情から引っ越さずに中野区で保活することにしました

保活の対象を無認可園に絞り、電車やバスで自宅から通える範囲の無認可園を30件ほどをピックアップして、電話、見学、申し込みを妊娠中に済ませ、枠が空くのを待ちました。
出産後に無認可園に再度連絡していたところ、自宅から少し離れた無認可園に空きが出て、年度途中で入園できることになりました。

無認可園へ早く入園して仕事復帰できたので、3か月以上預けて加点1がつき、43点で0歳4月から希望する認可園に入園が決まりました。

遠くの無認可園へ生後まもない赤ちゃんを預けて仕事復帰するのは正直大変でしたが、加点1がついて第一希望の認可園に入園が決まったので、無理してよかったと思いました。
参考になれば幸いです。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-07 (Wed)
1、南中野エリア
2、 1才児クラス 第一子
3、 両親ともに会社員(フルタイム)、世帯年収1,000万以上 
4、 第7志望(17希望中)の認可園に入園決定
5、保活体験談

【0歳】
当初は0歳で入園を希望していました。
2016年10月に保活を始め、
開始が遅かったことに気づき、大後悔。。。
認証園はほぼ見学が終わっており、
認可園も申込提出までに見学出来るところは少なかったです。

認可園は徒歩30分以内にある14園(小規模保育も含む)に入園希望→不承諾。
認証は4つに希望を出しましたが、どこからも連絡は来ませんでした。
無認可は入れそうなところがありましたが、
そのころ哺乳瓶拒否となっており、
人手が足りていなそうな無認可に入れるのが気が引けたのでやめました。
(見学もしていないので、人手がたりていないのは想像です。)

途中で新規園が出来ることや、一年半育休延長すると、2018年2月までだったのですが、
3月の一ヶ月ならば在宅勤務や一時保育などでしのげるのではと考
1歳の2018年4月の入園を目標に育休延長することに決めました。


【1歳】
6月から保活を再開。
0歳児のときに申し込んだ認証園に再度申込が必要か確認し
必要なところは見学・再申込をしました。
毎月決まった日に見学申込を電話で受け付ける認証園は4度目のチャレンジで
見学できたので8月に見学・申込をしました。
杉並の認証園に見学・申込をしました。
無認可は 7月に 2つ見学に行きました。どちらもすぐに入園可能とのことでした。
そのうちの一つは給食もあり、見学した印象も悪くなかったので、
入園金2万円を払い、4月入園を確保しました。
ここで認可外の保活は一旦終わりました。
8月まではどこもスムーズに見学が出来ました。
9月から混み合ってくると複数の園でおっしゃっていました。

11月の新規小規模認可の申込をしたが、不承諾。

4月入園の希望は17園(小規模保育含む)しました。
0歳のときに出した14園と11月開園1つ、1歳からの園2つを追加した17園です。
加点なしの42点で第7希望の園に決まりました。

0歳でないと認可園は難しいと言いますが、
1歳からの園が2つ(鍋横・マミーズエンジェル)あったこと、
また新園がいくつか出来たことが影響したのでしょうか、
1歳で加点なして認可園に入園することが出来ました。

ちなみに申し込んだ認可外は以下の通りです。

◆認証
ぽけっとらんど中野坂上
グローバルキッズ中野新橋
ベビーサロン新中野
ベビーサロン南台
ピノッキオ保育園
にじいろ保育園
ほっぺるらんど東高円寺

◆無認可
ちびっこランド新中野(入園確保)
ゲンキッズ

小宮山さんから認可外の保育園の情報を頂き、
非常にありがたかったです。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-06 (Tue)

私は家から近く、通勤途中圏内、駅チカ、が条件で保活しました。
 
中野区認証園の申し込み1
 ・G園 4月に電話を入れると、5月から見学会がスタートするという事で改めて5月に予約を取るように言われる。 見学会にて、園長先生から説明。園長先生や保育士さんは皆んな気持ちの良い挨拶をしてくれ、認証園ならではの狭さだが、好印象。男性保育士が2名在籍されていた。 狭いので夏の水遊びは駐輪場?の様な場所で、ホースで水浴びをするようだが、認可園の水遊びを知っていたので、嫌だなという印象を得た。しかし、駅チカな事もあり、人気が高く、倍率はかなり高いと言われる。その場で申し込み書を出すが、見学者全員同じ事をするので、園長の印象にも止まらない感じで、入れる見込みがない気がした。また、5歳児も在園していて、認可に入れない3歳〜5歳が数名いる事に衝撃を受けた。狭い場所で過ごし、少人数で過ごす事しか体験できないので、近隣の認可保育園と連携を取って集団行動を体験させ、小学校へ送り出すようにしていると説明を聞いた。
 
 新宿区認証園、申し込み3
 ・A園 4月に見学。 中野区のママ友が4月から入園していた事もあり、その時点で空きがあると情報を得ていた。園内はキレイで、ビルの廊下部分が広い設計の為、雨の日でも共有部分で遊べるスペースあり。園長先生は年配の女性先生でなんだか自信無さげな雰囲気。説明もほとんどなく、ネットと頂いたパンフレットに色々書いてあると言われ、何か質問はないか?と聞かれるが、認証園見学が初めての場所だったのでら上手く質問は出来なかった。 保育士さんは皆んな目を見て、きちんと挨拶をしてくれたので好印象。認可園にくらべ狭いが、狭さ感じず、明るい雰囲気の園。園長先生からは、認可取得を目指しているから、何年か後に認可園になった場合、区外の方には退園してもらわなければならない。と説明を受けた。
 
 ・B園 5月に見学。 新宿中央公園近くの園 園長先生は若い女性の先生。どこかしらフランクさのある説明を受ける。やはり人気があるのか、園児獲得には困ってない様子で上から目線を感じる。区内の方優先と言われた。通われてるママたちも、フランクな雰囲気。 申し込み書の期限が確か半年で、自分が申し込んだ時期を把握して、自ら更新しないといけないシステム。忘れると自動的に申し込みリストから外れる。特に園からの連絡はない。見学者の誰かが、「どーやったら入れるのか?」と言われると、園長先生は「11人事情を聞いて、判断している。」と答えられた。その場で申し込み書を書いて出すことが出来たので、申し込みしたが、この場では親身になって話を聞いてくれる雰囲気ではなく、他にも見学者が申し込み書を出していたので、流れ作業的な感じ。11人事情を聞いてもらえる雰囲気ではなかった。見学会ではなく、改めて出向き、もしくは更新のタイミングを1月とかにして、申し込み書を提出した時に、園長の懐へ飛び込めるようなアピールができると良いのか?と感じた。
 
 ・C園 5月に連絡。先に申し込み書を送るように言われる。メールでと記載があったが、pcの調子が悪かった為郵送で、一筆添える。 折り返し連絡がきて、見学会の予約6月に取れた。月途中の入園は難しいと説明がある。双子が2組もいると言われ、見込みが薄いので他も当たって下さい。と言われた。見学会当日、娘が高熱を出してしまった為、リスケをお願いするも、7.8月は水遊びをする為見学会を開催してないと言われる。 9月からは、月途中の申し込みを受けておらず、9月から来年の4月申し込みがスタートするので、改めてH30年度の申し込み書を提出して下さいと言われる。 10月に入り、申し込み書提出。また郵送にて一筆添え、前回伺えなかった事を綴った。 折り返し連絡が来て、11月に予約が取れる。 見学会に行くと、10時から1番目で1人目とのこと。その日は台風の中の唯一の晴れの日という事もあり、園長先生に、このお天気に恵まれた日の1番は誰かなーって、楽しみにしてました!と言われた。さらに、お手紙も丁寧に頂いてありがとうございました。と言われる。 狭いがビルの二階で窓を多く取っている為明るい。おやつも手作りで出してくれる。 園長先生はとても良い印象。子ども達や先生はお散歩で出払っていたが、園長先生と副園長先生はとても感じが良かった。 話を聞いていると、今の在園児の方は延長保育がなく、お迎えも18時までに帰宅しているとのこと。土日保育も無いとのこと。私の条件も、時短勤務ができる為、延長保育なし、土曜日保育希望なし。最悪の場合、母に頼める!というか事を話していたので、先方の条件とマッチ。子どものアレルギーなし。大きな病気なし。なども話の流れで会話をした。その時点で、園長先生から、双子の1組が認可が決まり退園したので、現在空きがある!と教えてくれる。しかし、認可と併願と丸をつけていたので、認可と併願じゃなければ、12月からご案内できますけれど、併願されているので、2月の結果がでたら、ご連絡頂ければと話してもらえ、その時点で、ここなら入れるかも!と初めて思えた園に出会えた。 また、園長先生が手元に持っていたファイルは、色んな方の申し込み書がまとめてあるファイルだったが、パラパラなんとなくめくっているのをチラッとみると、一筆添えた手紙が入っていたのは、私だけだった。みんなメールで送信しているので、申し込み書だけファイルされていた。 結果、R保育園から区の結果発送日の数日後に連絡を頂き、「既に40人ほど連絡を頂いたが、あなたはどうでしたか?」と言われ、すぐに区に電話確認して、落選を確認次第、折り返し連絡を入れた。
 まとめ
4月、5月から見学へ動き出すと良い。
・R園のように、7.8月水遊びの為見学会が開催されない園が多い為注意。
・月途中の申し込みは上旬で締め切られる園もある為、やはり早くから動くと良い。
・申し込み有効期間が半年のところや、次年度申し込みは9月以降のところもあるので、逆に2度アピールできるチャンスかも?!
・やはり、一筆添えるのは有効的かも?!
 ・とにかく、申し込み者が多いため、相手にされない雰囲気もあるが、出来るだけ印象に残るように、11121月くらいにもう一度、問い合わせしたり、見学したり、身の上話など何かアクションを起こしておくと、印象に残るかも?!
・園の在園児の状況(保育士確保の状況)と自分の預けたい条件がマッチしているかもポイント!R保育園のように延長や土日保育がナシの園や、逆に忙しい親や事情の抱えた方の味方の園もある為、見学会の時に把握できるといいかも。


G=グローバルキッズ

A=フロンティアキッズ

B=アスク西新宿

C=ルーチェ

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-05 (Mon)

2014年より保活

現在、第一子(3歳児クラス)・第二子(0歳児クラス)

中部~南部エリア

パート(フルタイム)

 

第一子

11月生まれの息子は1歳まではせめて一緒にいたいと思い、1歳児クラスからの申し込みとなりました。

2015年度の中部・南部は保育園の当たり年。

持ち点36点で年収が低かったせいもあり、小規模認可に決まりました。

ただし年齢制限がある為、2017年度の転園申し込み。

加点対象+年収の低さで駅近の園に決定。


第二子

0歳児クラス申し込みの際、第一子は転園申し込みだった為、兄弟加点無し。

認証園も3園申し込みましたが、全落ち。

認可保育園も13希望出して全て落ちました。

保育園ダメだったなら仕事も続けられないとなり、失職。息子も転園取り消しの危機、2月にハローワークに駆け込み託児所付きの求人を探しました。

ご縁があり就職が決まりました。事業所内保育室(無認可)に決まり一年就労。片道1時間子連れで電車に乗り、そこから自転車に乗り、毎日通いました。

2018年度の申請は兄弟加点+就労加点。

ついに第一子と同じ保育園に決まりました。


第一子の保育園申し込みの際、年収はかなり関係有りだと思いました。

認可外に預けて働いているという就労加点は1歳児クラス入園には必須です。兄弟加点も大きいですね。

周りの話を聞くと2018年度の1歳児申し込みでは兄弟枠が多かったみたいです。

皆さんの保育園が決まりますように。

保留になった時の絶望感を未だに覚えているので、保留になった方の気持ちを思うとなんとも両手をあげて喜べない気分です


| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-04 (Sun)
1. 南中野エリア
2. 0歳児クラス、第一子
3. 両親ともに会社員(フルタイム)、世帯年収1,500万
4. 第1希望の小規模認可園に入園決定
5. 保活体験談

加点なしのため認可は厳しいと想定し、認証・認可外を中心に活動
認可の二次募集の結果発表(3月上旬)以降に抽選、という園がほとんどだったため、
認証・認可外から内定が出る前に、認可園への入園が決定しました。
どの認証・認可外も多くの方が申し込んでいるようで非常に厳しい印象を受けましたが、
なるべく早い段階から活動をするに越したことはないと感じました

夏頃に小宮山さんの保活セミナーに参加し、認可保育園の最新情報や
申込のポイントを教えていただき、希望順位を考える上で非常に参考になりました。

●時期ごとの活動
【〜4月】事前準備
・保育園についての基礎知識を勉強。
 日経DUAL『保育園に入りたい!』を参考に。
・中野区ホームページを参照し、認可保育園について情報収集。
 各園の基本情報や昨年度の入園実績を中心に確認。
・中野区内の認証・認可外について、通える範囲の園をリストアップ。
 
【5月〜8月】認証・認可外を中心に活動
・中野区内の認証・認可外について、見学および申込を開始。
 見学会の実施頻度、入園申込の受付時期等が園によって様々であり
 園によっては3ヶ月先の見学会まで埋まってしまっていることもあるので、
 GW明け頃の早めの時期に電話をして確認をすると良さそうです。
・中野区役所の入園相談窓口へ行き、入園の決定方法の確認を行う。
 各園ごとに集計を行うこと、希望園を別紙で追加して提出可能であることを知り
 通える範囲でなるべく書いたほうが良いと学びました。
・小宮山さんの保活セミナーに参加。
 新設園や移設予定の園が狙い目であること、一次募集の段階から
 小規模保育園や保育ママを書くべき等、多くのポイントを教えていただきました。
・新宿区・杉並区の認証・認可外についても、通える範囲の園をリストアップし、見学および申込を開始。

【9月〜11月】認可を中心に活動
・認可保育園について、通える範囲の園をリストアップし、見学を開始。
 区立、私立、小規模保育園など、それぞれの特徴を知るために数園ずつ見学。
 区立は方針やカリキュラムにさほど違いがないため、多くの園を見学をする必要はないと感じました。
・自宅からのアクセスや保育時間など、重視する項目を決定し、点数化して希望順位を決定。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-04 (Sun)
1、北中野エリア
2、第1子0歳
3、夫婦共にフルタイム正社員、指数42点
4、第2志望の認可園に入園決定
5、以下体験談

【2017年3月】
認可・認証・無認可全てから通園可能な園をリストアップ
(自宅から徒歩20分以内の園を対象)

【2017年9月~】
認証と無認可を優先して電話をかけ、見学を開始
<認証:P園>
9月に見学、11月に申し込んだが、連絡なし。
<認証:E園>
9月に見学、12月に申し込んだが、連絡なし。
<認証:P2園>
9月に電話したが、先着順で6月頃に締め切ったとのこと。
<認証:N園>
毎月1回電話申し込みだったが、電話がつながらず、申し込みできず。
<認証:S園>
見学は実施しておらず、不定期で実施する育児教室に参加すれば、見学可能とのことだったが、予定が合わず見学できず。
2018年1月に電話申し込みだったが、電話がつながらず、申し込みできず。
<無認可:M園>
9月に見学予約、10月に見学と申し込み、11月中旬に入園可能と連絡があった。
4月入園の枠を確保しておくために分割で計10万円程度支払う必要があったため、かなり迷ったが、辞退した。
<認可>
私立6園、区立1園、全部で7園見学した。
区立は大きな違いはないと判断し、代表で1園のみ見学した。

【2017年11月】
保育園に入れるのか不安を抱えながら、小宮山さん主催の保活カフェに参加し、不安やモヤモヤを解消。

【2017年12月】
認証と無認可を確保できないまま、認可の申し込み。
(第11志望まで申し込み)

【2018年2月】
第2志望の園に決定。

保活をやってみて、認証と無認可では申し込み方法が園ごとに違うため、各園に電話をかけて情報収集することが大変でした。
園側もたくさん電話がかかってきて大変だと思うので、もう少し双方にとって効率的な方法はないのかな?と思いました。

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-04 (Sun)
1.中部エリア
2.第一子、1歳児クラス
3.フルタイム正社員、認証加点あり44点 審査対象年の世帯年収800万
4.第一希望園に承諾

2017年の保活体験談は下記

認可園は徒歩で15分圏内の園を8箇所記載。
その際、小規模園・家庭園は記載していません。3歳の受け皿が狭き門だと思ったためです。
認可園は9月から見学を開始しました。1月まで見学がいっぱいですと言われて見学できなかった園がひとつありましたが、
9~10月末までに見終えました。

中野区内の認証園は3園申し込み。
認証A(選考)、8月の見学会と12月の説明会に参加し申し込み
認証B(抽選)、夏に見学会のお知らせが出ると電話で6月に確認したがすっかり忘れていたため9月ごろ問い合わせたところ見学会は満席と言われてしまいました。ですが、申込書は見学会に参加していなくても受け付けてもらえるとのことだったので事前連絡の上持参。その際簡単な見学と説明をしていただけました。
認証C(先着順?)、1月にメールフォームから申し込みの園ですが、少し出遅れて11:09に送信。
勤務先の区の認証Dにも申し込みました、抽選に受かったので面談をしました。(のちに落選)

ここまでが認可の1次選考の結果がでるまでの流れです。
1次選考結果は不承諾でした。

不承諾とわかった後、認証A~Cに認可園が落ちたと連絡するも、認証Aはつながらず、認証Bは「選考なので~」とあしらわれ、認証Cは名前を聞かれました。

区役所で自分の指数と各園の順位を確認するもどこの園も後半の順位だったため認可は無理と見切りました。

認証園からの内定がなく不安を感じたので認可外を調べ始めたのと、新宿区の認証E、認証Fに問い合わせ。
認証E、2月2週目の見学会に参加し申込書を提出。どうやら中野区からの参加の方も多数。2月中旬までの申込書の中から選考をして3月上旬に結果を知らせるとのことでした。
認証F、メールで申込書を送信。翌日電話がかかってきて「兄弟児で埋まっている」とのこと。キャンセル待ちをするかと聞かれ念のため待機リストに載せてもらう。

通勤経路途中の新宿区の認可外Aに電話、見学をし入会金2万円を支払い枠を確保しましたが最終的な入園決定連絡は3月上旬になると言われました。
認可外Aは給食がないことと、できて間もない園ということもあって不安があったので他にもどこかないかと思い、家の近くの認可外Bに電話しました。見学したいと伝えると埋まっているのでと渋られるも、契約するなら優先すると言われました。
また、4月からの枠確保のためには3月からの契約をとのことだったので2月中に3月からの契約を済ませました。(入園金・保育料など約15万円支払い)

認可外Bに契約後、新宿区の認証Gにだめ元で電話してみたところ、0歳児に枠があるとのことですぐさま見学・仮申し込みをしました。
通勤経路とは外れた電車で通う距離にはなりますが、認証Gに入園可の連絡をいただいたのでこちらに通うことを決めました。

そもそも保活の意味をわかっていなかったと今になって気付きました。
保活とは認可園の見学をするのではなく、認証・認可外の保育園を見学&申し込みをすることですね。

認可外をまったく回っていなかったことは大失敗。

認可園にどこかひっかかるだろうと思って認証園の申し込み数も少なかったのも大失敗。認可の入園下限指数はめやすでしかないので、昨年大丈夫だったからといって今年も大丈夫ということではないです。

また、認証園の申し込み時に「専願」と嘘をつけなかったのも認証園からの内定がなかった一因の気がします。

しかし、不承諾通知が来てから気持ちを切り替えて新宿の認証園探しにポイントを置いて保活を行い、諦めなかったことと、範囲を少し広げたことはよかったと思います。
認証Gはキャンセルが相次いででた後のようで、たまたま電話したタイミングがよかっただけですが・・・

これから保活をされる方にはちょっと頑張れば通える範囲までの認証・認可外園を早い段階で問い合わせと見学をすることを優先してと言いたいです。
また、認可が落ちても諦めずに動けばどこか保育園確保はできると思いますので諦めないでください!

以下は2018年の1歳児保活体験談

昨年0歳入園時に認可園全滅でしたが、その後認証園から連絡が来て4月から認証園の0歳クラスに入園し、認可外ポイント加点2をつけて臨みました。

昨年の1歳入園ボーダーをみても、希望するほとんどの園が44点で、加点がないと勝負にならないと思いました。しかし、44点でも多子世帯に優先順位で負けてしまいますし第一子はとても厳しいです。

昨年見学に行けなかった認可園に見学に行き、希望園の順位決めも今の認証園と比べて通いたい園だけにしぼりました。
中野区は純粋に行きたい順に書けば良いので戦略はありません。

認可に入れなくても認証園に通いつづけられるし、そうなったらそうなっただと思っていましたが、実際、第一希望の認可園に入園できることとなりました。

認証園に通ってみて思ったことは、中野区は認可園との差額が上限額あるもののほぼ出るので金銭的な負担はありませんでした。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-04 (Sun)

1、北中野エリア

2、第一子 1歳クラス

3、フルタイムの正社員。世帯年収1600万。

4、第1希望園に決定

5、妊娠中に0歳認可は諦め、1歳児で希望の認可に入れるための方法を考えた結果、0歳で認証に入れて、加点で1歳に挑むことにしました。 (一応0歳児認可も申し込みはしましたが) ただ、認証から認可になった保育園が多く、認証保育園の数も少なくなってしまっているため、認証に入れるのも諦めかけていた時に、小宮山さんに、空きがあることを教えていただき、滑り込みで今の保育園に入れました。

 

当初は認可浪人のような気分でしたが、結果的に今の認証保育園に入れて良かったと思っています。 そして今回、加点ありで、駅近の保育園に決定しました。 保活は、目先にとらわれず、長期的な視点で戦略を練る事も大事かと思います。 今の認証保育園も大好きなので、本当にここにお世話になって良かったと思いますし、3月まででお別れだと思うと、既にとても寂しいです。

 

悩んでいる方のお役に立てると良いのですが

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-04 (Sun)

1、北中野エリア
2、第一子  0歳クラス
3、フルタイムの正社員。世帯年収740万。
4、第二希望園に決定

保活セミナーの際はお世話になりました。
土曜に通知が届きまして、無事第二希望の認可保育園(本当は第一希望でしたが、人気の園で難しそうだったので、なんとなく第二希望に記入)に0歳で入園できることになりました!

特にこれといって保活らしきことはしていないのですが、
中野区に住む友人から、とにかく早めに行動し、認可には労力を割かず申し込みは書けるだけ書く、認証に集中した方がいい、と聞いていたので、
妊娠中に区役所の窓口にガイダンスを聞きに行き、
保育園見学は6園、子供が2ヶ月になった9月から余裕を持って回り、
徒歩15分、電車で一駅までの園は全て書いた(とは言っても7園)という感じです。
少ないのですが、今年は二次で自宅から5分以内の場所に緊急対策園があったのでそれに半分かけていて、一次は近隣の本当に行きたい園しか書きませんでした。

認証は近隣に1園しかなく、電話受付当日に朝から鬼電しましたがつながらないまま受付終了しました。。

あとは、別の友人から小宮山さんのことを聞いてTwitterやブログを遡って読んだ、などでしょうか。

児童館に行ったりBPプログラムに参加したりしてママたちから保活情報を聞いたりもしましたが、特に有益なものはありませんでした。

ひとまず一件、肩の荷がおりました〜

次の方々のお役に立てるような内容かどうかわからない上に、長々とすみません。。

追記

保活と言っても保育園見学以外特になにもしていなかったのですが、こまめに情報収集はしていました。
保育園見学もお散歩がてらのんびりやっていて、情報収集も子供が寝ている間にスマホでぽちぽち程度なので、
何も頑張っていなくて申し訳ないくらいですが、
仕組みを知っておくことで心の余裕は持てましたね。
初めての出産・子育て、さらに得体の知れない保活というものとどう戦っていこうと不安に思っていましたが、
点数を上げるためにやれることは特にないということがわかってから楽になりました。

認証のA園の申し込み時に、子どもを放って一日中電話していた時に感じたのですが、大切なのは家族が幸せに暮らすことであって、目先の出来事のために親が神経をピリピリさせながら子供を放っておくなんて本末転倒。
たしかに保育園に入れるか入れないかは生活を変化させるほどの大きな差ですが、全てではないです。
最悪どこも決まらなければ、自宅でフリーで働きながら子どもと過ごし、3歳で幼稚園に入れるでもいいかなあと思っていました。
経済的にも体力的にも大変ですが、できないことではないですもんね。
そうなったらなったで、子どもと長く一緒に居られる分、幸せなのかなと思いました。

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-03 (Sat)
1、 南中野エリア 2、 10月初旬に第一子出産 0歳クラス 3、 シングルマザー 世帯年収150万 4、 4月から第一志望の認可園に入園決定 5、以下体験談 私は仕事として派遣看護師をやっていましたが妊娠をきっかけにやめなければならず、派遣のため産休育休もありませんでした。そのため産休明けに仕事をすることが保育園入園のための絶対条件でした。 年間スケジュール 2月 妊娠発覚と同時にシングルマザーを決意し、ネットで保育園関連の情報を集める 4月末 派遣看護師をやめる 6月 保活スタート、1回/1-2ヶ月ペースで中野区役所3階子ども相談窓口に通う →なぜ通っていたかというと指数の考え方がややこしく今の現状だと何点かというのを何度も何度も確認してもらいました 10月初旬 第一子出産 下旬 産休明けいつから仕事ができるか確認する(計算するとギリギリ平成30年1月入園申し込みに間に合うとのこと、1月入園の申し込みをしても預けられる可能性は低いのは知っていたが欠員が出るかもしれないと思い1月入園から希望した) 11月 親族経営で仕事をさせてもらえるようお願いをする 12月 仕事スタート、子どもは親族経営とは別世帯の親族に1,500円/時で預ける 12月4日 申し込み(申し込みした日に仕事をしていなければ休職中という扱いになるためギリギリの申し込みになった 指数41点) 12月20日頃 保留通知が届く →予測していたため驚きはなかった 2月3日 第一希望園(認可) 入園決定 私は特に保育園見学に行ったり、認可外・認証に仮申し込みなど問い合わせもしませんでした。なぜなら通園したとしても経済的に余裕がなく保育料が支払えない可能性があったからです。そのため認可のみに絞りました。

(※小宮山注 認証や無認可でも、中野区からの補助金が出るため、経済的な負担は認可園とほぼ同等でおさまるケースが多いです。ただし、認可園に申請をしていないと補助金対象にはならないので注意してください。) また、希望園は書類に記載できる枠全て記入しました。 参考になるかわかりませんが、みなさんの保活がうまくいきますように。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-02 (Fri)
1、北中野エリア
2、第一子2月半ば生まれ 1歳クラス
3、父・会社員&個人事業主、母・区内保育士 世帯年収550
4、4月から第一志望の認可園に入園決定
5、以下体験談


 まずはじめに。
 私は区内の保育園で働く保育士なので、多少有利なところがあるかもしれません。
ご承知の上お読みください。


 仕事柄、区内の保活が大変だということは理解していました。
しかも息子は2月生まれで、1番チャンスの多い0歳児クラス4月入園には月齢が足りず入れられないので、ますます苦しい戦いになるとわかっていました。

【年間スケジュール】
4〜5月、区内の認可園に年度途中の入園希望を出す→入れず、待機児童に。
     区内・新宿区、練馬区、豊島区、渋谷区の保育園の情報を集める
6〜8月、認証・認可外を中心に見学する
9月、やはり1歳児クラス入園は難しいと考え、通勤途中の認証園に単願で申し込もうと決意する(実際はしなかった。後述参照)
10月、小宮山さんの保活セミナーに参加する
12月、申し込み
2月、希望園に入園決定

点数の計算は春の段階で調べていて、どうやってもフル点数(42点)にしかならないことを理解していましたが、認証や認可外に夏から入れて点を稼ぐのはどうにも嫌でした。せっかくの育休、可愛い息子と離れて早めに切り上げたくない!ですが、このままだと1歳クラスに入るのは絶望的……。
そこで私は気に入った認証園に、自分は保育士だと伝え、この園にしか入園希望を出さない(単願)のでどうか入れてくださいとお願いしていました。
相手の園も、私が保育士だということをわかってくれ、おそらく入園させられるだろうと言ってもらえていました。
ですが秋に参加させていただいた小宮山さんの保活セミナーにて、2018年度の保活は当たり年だと聞き目から鱗でした!
新規園が何園かできる、また0〜2歳までの小規模園が数園できると。なんとラッキー!!!
ここまでなら保険として認証園の単願は出しておこうと思っていたのですが(とはいえ本当は併願も考えていました。すみません)
小宮山さんから、今年からは保育士加点がつく(しかも3点!)とご連絡をいただき、いきなり気楽な感じになりました。
そこで不安もあったのですが、認証園へ単願を出すことも辞めました。相手の園にも悪いと考えた結果です。

そして無事に第一志望の認可園へ入園が決定しました。

決め手は私が保育士だったから、というところが大きいと思います。
もし私が別の仕事をしていたらおそらく認証園へ単願をしていたでしょう。(本当は併願をしていたとしても)

これから保活を考えている方は、見学は認証園・認可外を中心に沢山見て欲しいです。園によってかなり違いがあります。
認可園は見学をしても入れるかどうかは運によるところが大きいと思いますので、本当に通わせたいところだけで十分だと思います。
頑張ってください!




以上です。

私の保活はこれで終わりますが、小宮山さんに出会えたからこその入園決定だと思っています。本当にありがとうございました。
できるだけ多くの方に小宮山さんの存在を知ってもらいたいです。
私自身も、区内のママさんに相談されたら小宮山さんのことをお伝えしておきます。
これからも小宮山さんの活動を応援しています!

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-01 (Thu)

中野区立保育園の4月入園一次審査結果が2月1日(木)午後に、区役所から発送されました。

早ければ2月2日(金)遅ければ2月3日(土)に到着することと思われますが、1日夜は雪が降る予報なので、郵便事情の乱れも心配されます。最悪、2月5日(月)に到着することもあるかもしれません。


承諾された方はおめでとうございます!認証や無認可をキープしている方は、今すぐそれをキャンセルしてください。あと、中野区保活体験談を僕に教えてください。僕が語り部となって、次の人たちに引き継いでいきます。

不承諾だった方は、二次選考に向けて一緒に考えましょう。北中野エリアに関しては、二次募集の園も多く、今年は「保活の当たり年」と言うこともできます。北中野エリアの方はまだ望みがあります。

 

南中野エリアの方は…、とりあえず、下記のうち、できることはすべておこなってください。

★同封資料をよく読み、二次審査で申し込めるところを漏らさず把握して二次に備える。(志望園を増やす場合は手続きが必要です)この際、遠距離でも通園できないかどうか検討する。
★家庭的保育事業や小規模認可なども検討してみる。
★区内外を問わず認証・無認可の申込みやキャンセル待ちをする。(区外の認証・無認可でも補助対象になりますが、一時保育や企業内保育所は補助対象外なので気を付けてください)
★サラリーマンではない方、サラリーマンでも時短勤務など、就労状況が変則的な方は、自分の点数が正しくカウントされているのか確認をしてみてください。(自分が何点で、希望園の待機順位が何番目なのか、区に問い合わせれば教えてくれます)
★近隣区の認可園発表日は下記のとおり。
杉並区 1月26日
豊島区 2月1,2日
渋谷区 2月8日
練馬区 2月16日
認可園発表後に、認証園のキャンセルが出る場合があります。新宿区などの認証園では、自区民を優先しているケースが多くありますが、それでも定員に空きがあれば、入園できる可能性はあります。


また、下記の、Facebookページ、「中野ママフォメコミュニティグループ」にイイネ!していただければ、先輩ママさんたちにナマの声を聞くこともできます。
https://www.facebook.com/groups/167740933398208/

認証や無認可の保活に関する資料は僕の手元にありますので、ご希望の方はkomiphoto@gmail.comに請求してください。

 

また、「A認証とB小規模認可のどちらにしようか迷っている」などの相談もお気軽にどうぞ。


※「C保育園の評判を知っていたら教えてほしい」という問合せも例年多くあるのですが、僕の手元に集まるのは、良くない保育園の情報ばかりで、良い保育園の情報はあまり集まりません。(逆に言えば、僕が情報を持っていない保育園は良い保育園である可能性があるとも言えます)


ごく一部の園に関するネガティブな情報も手元にあることはありますが、ヘンな噂をやたらとまき散らして営業妨害することも避けたいと思っていますので、入園を具体的に検討している方のみにお伝えするようにしています。

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2017-02-08 (Wed)
【基本情報】
・エリア:新中野駅〜中野駅エリア
・指数:42点(両親フルタイム+継続勤務、第1子、認可外加点なし)
・6月から産休、7月初旬に出産。0歳4月クラスの入園を目指し保活。
・見学:認可8、認証4、認可外1

【保活の結果】
・認可:第1〜第8希望まで記入し、第8希望の新設認可小規模園「ゆめのいろ保育園」に承諾。
・認証:6月に「P」の0才児枠を確保。その後「B」に内定。
最終的に、「B」に決定。

【保活の経緯】
・中野区も厳しいという噂だったので、早めに保活を開始しようと思い、
妊娠が分かったとき(2015年12月)に、「保育施設等のご案内」を入手し、
自分の点数を確認、インターネットで、認可・認証・認可外の保育園の所在地等を確認、
通えそうな範囲にある園をリストアップ。

・5月下旬から保活開始。
事前のリストを参照し、認証・認可外から見学の申し込みを始めました。
6月の産休中に行ける範囲で、認可・認証・認可外4園を見学。
見学が秋以降になる園も、この時点で申し込みを済ませておきました。

・6月から見学開始。
6月中旬に、P認証園の0才児枠を確保(この時点で残席2でした)。
区役所で、最新版の「保育施設等のご案内」を入手し、新設園の有無や変更点をチェックし、
提出書類の確認をしておきました。

・7月初旬に出産。8月下旬から見学を再開。
6月の時点でまだ申し込んでいなかった認可園に電話をかけ、11月までに順次見学。
入園申込までに、希望園全ての見学を終えました。

・11月に認可保育園の申込書類提出。
2/2に結果が郵送。2/3午前にB認証園から内定の電話連絡。

【まとめ】
とにかく、早めに行動を開始したのがよかったと思います。
出産前に認証の枠を確保できたので、その後も精神的にかなり楽でした。
(周囲のママ友は、出産してから保活を始めた人が多く、
認証や認可外にはなかなか見学に行けず大変そうでした。)
認可園の申込時も、無理に遠くの園を希望しなくて済みました。

最近は、区立園の民営化や新設園、認証園の認可化など状況の変化が大きいので、
常に情報収集しておくことも大事だと思いました。
小宮山様のTwitterやFacebookで最新情報を教えていただくことができ、
慣れない育児で忙しい中でも効率よく情報収集ができ、とても助かりました。

また、認証や認可外の園の評判は、実際に通っている人の意見がとても参考になりました。
児童館や区のイベントなどに積極的に顔を出し、知り合いを増やしておいたのが
後々になって役に立ちました。

【各園の情報など】
・基本的には、認可・認証・認可外ともまずは電話で見学の申込をする。
・認証・認可外は予約が取りづらく、夏前にその年の枠が埋まってしまうこともあるので
年度始めにすぐに連絡することをおすすめします。
中には、先着順で入園の受付をする園も少数ですがありますので。
・認可園は見学の予約は比較的取りやすいので、後回しでも大丈夫です。

P=ピノッキオ保育園 B=ベビーサロン新中野
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2017-02-07 (Tue)
中野区東部在住で、2013年度後半生まれの子と、2016年度前半生まれの子がいます。
夫婦ともにフルタイム会社員(3か月以上勤務)です。

〇第1子
・妊娠中の夏休み、区役所に話を聞きに行き、4月以外では認可、認証に入るのは難しいことを夫婦で共有。

・生後6ヶ月未満での復帰は避けたいため、0歳4月の認可申し込みは行わず。

・妊娠中から駅近くのA認証、B認証、C認証の見学、申し込み。A認証は妊娠中からの申し込みは不可、B認証は1月の決まった日から受付開始、C認証は妊娠中で申し込み可能でした。

・4月にB認証から入園できる旨の連絡受領、復帰はまだ先でしたが、必要経費と考えて即座に契約。

・9/1に職場復帰。9月に復帰すれば、1歳4月での申し込みで加点1がもらえます(書類締切日が12月の場合)。

・1歳4月で認可の申し込み。就学前まで通園可能な認証に在籍しているので、認可は第2希望まで記載。第1希望に入園。


〇第2子
・第1子が通っている園は0歳児の枠が多い(※)ので、兄弟がいればおそらく入れるため、ほとんど保活は行わず。

・保険として、第1子が通ったB認証への申し込みと、通勤経路内にある事業所内保育所への申し込みを実施。

・認可の申し込みは、第1希望しか記載せず(上の子と同園)。
 これについては、上の子が通っていて顔見知りであるB認証に期待できることと、事業所内保育所はほぼ確実に入れることから、兄弟同園以外の認可は希望しませんでした。
 来年度のことを考えた場合、認可から認可の転園より、認証無認可から認可への転園の方が、加点がつくためです。
 事業所内保育所がなければ、さすがに第1希望しか書かない、ということはしなかったと思います。

・第1希望に入園内定。


※園によって0歳児の枠が違いますが、10人くらいだと兄弟でもあぶれる年はある、と区役所の人が言っていました。


最後に、一つだけ。
中野区の場合、調整指数がシンプルで、シングル、生活保護、兄弟同園、早期復職くらいしか、加点がつきません。
ですから、第1子の場合、早期復職くらいしか加点をつけられません。
また、調整指数がシンプルな分点数も並びやすいので、結局「保育料階層が低位の世帯」or「税額が低位の世帯」で決まると思います。

「保育料の階層」は、世帯の区民税の所得割で決まりますが、所得割は、医療費控除等を控除したあとの金額です。
ですから、出産などで医療費がかかった年は、ちゃんと医療費控除を確定申告しておくと、それによって「保育料の階層」が変わるかもしれません。
「保育料の階層」が変われば、保育園に入れる確率も変わります。
保育園入園後も、保育料が変わりますから、面倒ですが医療費控除はちゃんと行っておくことをオススメします。

なお、流行りのふるさと納税(寄付金控除)や住宅ローン減税は税額控除なので、関係ありません。


私の体感ですが、3年前より今年の方がはるかに激戦になっていると感じました。
中野区も各地で大規模なマンションが造られていますが、川崎市のように、大型マンション建設の際はマンション内に保育所開設を義務付ける(又は認可保育所開設のためのお金を出す)ことも検討して欲しいと思います。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2017-02-06 (Mon)
2015年12月産まれ。東中野在住。
1歳の認可に決まりました。

2013年12月生まれの上の子が居るので、特に何もせず兄弟加点で入園出来たと思われますが、
上の子の時は生後半年位に認証3園見学&登録と、4月の認可に向けての加点を取るため、無認可園を8月に押さえ、入園金を支払い入園を確保。
そのまま仕事復帰し、早期復職加点を取り、認可に受かりました。

認証は全て一度も連絡はありませんでした。

個人的な感触としては、認証ではなく無認可に預けて早期復職→認可をしている人はほぼ合格、4月まで育休の人はほぼ認可全滅でした。

私を含め夫婦共働き会社員は、まずは妊娠中に無認可に入園金を支払い、押さえておき、産まれて加点のつく時期で復帰しか認可に受かる道はなさそうです。

そんなに早く預けるのもなー、せっかくの育休だし少しはゆっくりしたいなーと思う人もいるでしょうが、身の回りでは一人も認可に合格していません。

この投稿に対しては、こんな意見もありました。

中野区中部〜北部に在住の20代夫婦です。

東中野兄弟加点ありの方の体験談を読み、私の認識とだいぶ違ったのでかなり個人的な見解も含まれますが、私もご報告させていただきます。

我が家は2013年12月生まれの上の子がいて、2015年4月に1歳クラスから第2希望の保育園に入れました。これは奇跡的なことだと思います。(我が家は世帯所得が低い為、兄弟加点で埋まった後の残り枠に滑り込んだと認識しています。)
ですが、私の周りの友人もほとんど新設の保育園などに入れていました。みんな10希望以上は記入していましたが、年齢的にも所得が高い世帯が周りに少なかったのかもしれません。なので、個人的には待機児童は求職中の方が多いのかと思っていました。
この時はお金を払って無認可園をおさえている友人も何人かいました。
私は中野区内はもちろん高田馬場や下落合などの電車でも通える可能性のある園を認証中心に10園近く見てまわりました。
どこの園も認可の通知が来てからで、内定をもらえた園はありませんでした。

そして、下の子は2016年3月生まれのため、2017年4月から1歳クラスで上の子と同じ保育園に入園が決まりました。
保育園のお迎えのお母さんたちも下の子を連れてお迎えに来ている方が多く、かなり兄弟加点で埋まった印象です。区役所の方に伺ったところ片親の家庭以外では兄弟加点が最優先と聞き、保育園でも近年兄弟がいる方で下の子が入れなかったことはないと聞いたので今回は全く保活はせず、上の子の通う認可園に懸けました。
児童館でお会いした方など兄弟加点のある方は1歳クラスでもみんな上の子と同じ保育園に入れていました。

どこも兄弟加点で埋まってしまうと第一子の場合入る隙がないので、夏くらいまでに生まれた子は0歳から入れるのが確実な気がします。
そして、中野区内でも住んでいる地域によって結果がかなり違うのかもしれません。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2016-10-27 (Thu)
厚生労働省による、よい保育施設の選び方 十か条
http://www1.mhlw.go.jp/topics/hoiku/tp1212-1_18.html

一 まずは情報収集を
・市区町村の保育担当課で、情報の収集や相談をしましょう
二 事前に見学を
・決める前に必ず施設を見学しましょう
三 見た目だけで決めないで
・キャッチフレーズ、建物の外観や壁紙がきれい、保育料が安いなど、見た目だけで決めるのはやめましょう
四 部屋の中まで入って見て
・見学のときは、必ず、子どもたちがいる保育室の中まで入らせてもらいましょう
五 子どもたちの様子を見て
・子どもたちの表情がいきいきとしているか、見てみましょう
六 保育する人の様子を見て
・保育する人の数が十分か、聞いてみましょう
・保育士の資格を持つ人がいるか、聞いてみましょう
・保育する人が笑顔で子どもたちに接しているか、見てみましょう
・保育する人の中には経験が豊かな人もいるか、見てみましょう
七 施設の様子を見て
・赤ちゃんが静かに眠れる場所があるか、また、子どもが動き回れる十分な広さがあるか、見てみましょう
・遊び道具がそろっているかを見て、また、外遊びをしているか聞いてみましょう
・陽あたりや風とおしがよいか、また、清潔か、見てみましょう
・災害のときのための避難口や避難階段があるか、見てみましょう
八 保育の方針を聞いて
・園長や保育する人から、保育の考え方や内容について、聞いてみましょう
・どんな給食が出されているか、聞いてみましょう
・連絡帳などでの家庭との連絡や参観の機会などがあるか、聞いてみましょう
九 預けはじめてからもチェックを
・預けはじめてからも、折にふれて、保育のしかたや子どもの様子を見てみましょう
十 不満や疑問は率直に
・不満や疑問があったら、すぐ相談してみましょう、誠実に対応してくれるでしょうか


十一か条目を追加するとしたら、
・区がまったく把握していない「認証」保活情報は小宮山たかしに問い合わせてみましょう。
・その他、何か、区の窓口には相談しにくいことや、区の窓口では解決できない困りごとがあれば、小宮山たかしに問い合わせてみましょう。

(初歩的な問題や相談は、まずは区の窓口にお問合せいただいた方が効率的です)
というのが追加できそうですw

お問合せは、komiphoto@gmail.com またはFacebookメッセージにて、お気軽にどうぞ。

最近の発言は主にFacebookでおこなっています。デリケートな内容の発言は友達限定発言することもあります…。Facebookのお友達申請は、中野区の子育て世代であれば、無言申請でも受け付けていますので、お気軽にお友達申請してみてください!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2016-09-13 (Tue)
次に、待機児童対策についてうかがいます。
先日、区役所3階の子ども総合相談窓口で、ある保護者が、来春までに新たに開設される保育園の情報を求めたところ、「担当ではないのでわからない」と言われたそうです。

しかし、実際は、このまま順調にいけば、来春までに4園、約250人分の定員の保育園が、新規開設されるであろうと、5月と6月の子ども文教委員会での報告を受けています。

これらの情報は、11月に開設される1園を除き、区のHP上では未だに確認ができません。

来春保育園入園を考えている家庭の保護者にとっては、来年度、どこに、どんな保育園が整備されるのかは、重大な関心事であります。

従来は、新園の情報については、他の既存施設とともに、11月に告知していたそうですが、新規誘致により開園がほぼ確実となっている保育園については、なるべく早い段階でより迅速に情報提供することが、区民にとってより親切で適切な対応であると思いますが、いかがでしょうか?
| 未分類 | COM(1) | TB(0) |
2016-06-13 (Mon)
中野区ローカルヒーロープロジェクトのPV動画ができました!

16日にはショートムービーを撮影する予定です。

| 未分類 | COM(0) | TB(0) |

2016-05-25 (Wed)
最近はFacebookでの情報発信が主となっております。

https://www.facebook.com/takashi.komiyama.50

中野区在住と思われる方ならだいたいの方を承認していますので、「いいね!」お願いします。

平和の森公園再整備基本計画(案)現段階での最新案、イメージ図です。
DSC_0002 のコピー 2

当初、野球場に体育館を作るという噂もありましたが、体育館は、現在の、公園東側の未利用地に建設されることとなりました。
また、草地広場を横切る形で100mトラックが配置されていましたが、公園の端に配置されることとなりました。

区民の猛反対もあって、当初案よりはかなり改善されましたが、陸上トラックの規格は通常400mで、300mトラックでは公式大会などは開催できません。今のままだってジョギング程度なら充分できるのに、どうしてこんな中途半端なトラックをわざわざ作るのか?という声は多いです。

その発言の裏には草地広場を削るなという思いがあるので、これが仮に400メートルトラックになったとしても、納得する人はほとんどいないでしょう。

僕としてはじゃぶじゃぶ池の行方も気になっていましたが、ちゃんと確保されるようです。図面では、草地広場の中にじゃぶじゃぶ池があるように見えますが、1年のうち1か月しか使えないようなものではなく、四季の森公園の噴水広場のような、年中自由に遊べるタイプのじゃぶじゃぶ池ができるといいですね。(噴水広場で遊ぶことは中野区は公式には認めていませんけれど)
じゃぶじゃぶ池が無いのであれば、池で水遊びできるような何かを提案してもいいかなと思っていましたが、じゃぶじゃぶ池があるなら池は池のままでいいのかな…。

何かご意見あればお聞かせください。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |

2016-02-13 (Sat)
子育て支援活動の足しにできればと思い、最近けん玉を始めました。今日、初めて「もしかめ」一曲分(一番のみ)ができるようになったので、うれしくて動画を作ってみました。 

これまで動画はいろいろ作ってきましたが、自分が登場するのはもしかしてこれが初めてかも?
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |

2015-02-22 (Sun)
新しい動画作りました!



我ながらなかなか上出来です!
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |

2015-01-04 (Sun)
たとえば、中部すこやか福祉センターで、1月15日にアレルギー教室が開催され、皮膚科専門医から、アトピー性皮膚炎の症状や基本的な対処方法について学ぶことができるという。

中野区在住の乳幼児親子対象で、先着20名。
託児は特に無いけれど、13日までに事前申込が必要になっている。

これの申込みって、絶対に事前に必要なのだろうか?

思いがけなく100組の親子が来て大混乱になってしまうなんてことはまずないだろうし…。むしろ20組も集まれば大成功だと思う。

そもそも20名ってのが、10組なのか20人なのかもよくわからないんだけど…。

除去食のお土産の用意があったり、マンツーマンの面談とかがあったりして、20名以上は対応できないという特殊事情もあるのかもしれないけれど…。

せっかくイベントをするのだから、当日参加も可能にして、参加ハードルはなるべく低くしてほしいと思うのだけれど、単なるお役所仕事で、無駄に定員や締切を設けているのだとしたら、それはなくした方がいいと思う。

どんなイベントをすればどのくらい人が来るかということは、プロならだいたいの予測がつけられるはず。

商店街のイベントで事前申込制なんてしたら、参加人数は極端に下がっちゃうと思うからまずしないですよ。

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/174100/d018470.html
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。